高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
100万円でもできる不動産投資術と稼ぎ続ける収益不動産

2009年02月01日

私が投資「中古賃貸マンション」

私が投資「中古賃貸マンション」



高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
私が投資しているのは一部を除いてほとんどが

「中古賃貸マンション」

なのです。
それもあるカテゴリーに限られる物件がほとんどです。
ここで「投資用分譲マンション」はどうなのか。
という声が聞こえてきそうなので返答してしまいます。

私は投資はしません。
でも買います。

私も1戸持っています。
しかしこれは将来、子供に譲つもりで購入したもので収支はマイナスです。
正確に言うなら
購入して8年の収支はマイナスです。

つまり購入して3年は利益が出ていましたが、
4年目から赤字転落です。

具体的には

● 近年のマンション建設ラッシュで分譲マンションを賃貸に出す「一戸マンション投資家」が増えて供給過剰。
● 賃貸マンションの設備、デザインがかなり良くなり、分譲マンションとあまり差がない。
● 管理費、修繕積立金の負担があり、維持費がかなりかかる。

などです。
これについての詳細コメントは控えさせていただきます。
でも最近、相次いで破綻しているのは、

「投資用マンション」を販売、運用している会社が多いですよね。


脱線しましたが、私は高校卒です。
特に人に自慢できることは一つとしてなく、いわゆる
「中途半端な人間」でした。

部活動すら一年も続かない根性のかけらもないような人間でした。

親は極普通のサラリーマンで、生まれながらにして財産もなく
毎月住宅ローンの返済をして、子供を大学に行かせ
平凡でも幸せな家庭を築くことを望む両親でした。
普通の高卒サラリーマンで、頭金などありません。
でもとにかくやってみようって思ったのですが
一件も買うこともできませんでした。

少ない収入。
サラリーマン生活から抜け出そうと、漠然と「大家さん」という立場に憧れました。
大家さんという商売は楽そうだ。
いつも家にいて、駐車場にはいい車が置いてあって。
いきなり地主さんのように数棟を所有する資産家になれなくても、
少しでも利益になればいい。
そんな想いでやっと古い分譲マンションを購入しました。
きれいにリフォームすればいつでも売却できる。
そんな短絡的な 考えしかありませんでした。
そしてそれが大失敗のもとでした。
購入した物件は利益がでるどころか大赤字。
入居者が決まらない期間が続いたり、リフォーム代がかさみ、
少ない給料から毎月持ち出し。
どんどん生活していくのがキツくなりました。

「やっぱり不動産投資なんて俺みたいな身分の人間がすることじゃないのか。」

親からは
「お金を借りてやるとしても絶対に連帯保証人にはならない。」
と突き放すような言葉。でも当然かもしれません。
しかし

「なんとかして不動産投資で成功したい。
安定した不動産収入があれば老後安心できる。
子供たちにも財産として残せる。
サラリーマンを辞めて自由になれる。」

そして再度、不動産投資の本を読み漁り、不動産投資に関わっている人たち、
不動産会社社長、個人不動産投資家をはじめ、
銀行の融資担当、賃貸管理会社のトラブル担当と会い 不動産投資に執着し続けました。

ちょっとキチガイじみてました。

しかし経験を重ねていくにつれ、バラバラだったノウハウが結びつきだしたのです。

不動産投資で成功するためにはなにが一番大切かが見えてきたのです。

中古の、しかも賃貸マンションの、ある限った物件に投資すること

だと気づいたのです。

そのことに気づいてから
そして、私のクライアント23名は全て、一人残らず不動産投資に成功し、
月収 800万を超える人もでてきているほどなのです。
高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
posted by tou at 08:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
100万円でもできる不動産投資術と稼ぎ続ける収益不動産
不動産購入から大家になるまでのノウハウ
倉橋隆行の5億をつくった猛者から学ぶガチンコ物件査定4時間セミナー
高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。